2009年07月26日

第二章・54P【ワタル編】

おつまみは何がいい?
--------------------------------------------------------------------------------
【ワタル編】
--------------------------------------------------------------------------------




「俺が考えてきたネタ。それは【合コンネタ】!!」



『「合コン!?」』



ワタルが言い終えると同時に皆が一斉に聞き返していた。
それも無理はない。(笑)

一発目からワタルはぶっ飛んだ事をプレゼンしてきた。



「そう、合コン!あ、マスター生ビールおかわりねっ♪
・・・いい?主人公はさえない大学生の男の子。
今まで彼女が出来た事は一度も無いんだ。
でも、顔は悪くないのよ?格好も普通にそこいら辺にいそうな感じ。
でも、何故か彼女ができないのよ。」



ワタルは三杯目のビールを幸せそうに流し込みながらつづけた。






< 54 >
posted by りょうちゃん at 02:29| 東京 ☀| Comment(53) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

第二章・53P

運ばれてきた料理を食べながら、おのおの好きに騒ぐ。
俺たちは(まぁ、ほとんど俺がなんだけど・・・)
毎回必ず【焼きピスタチオ】を頼む。


【ムーンムーン】ではこのピスタチオを焼いて出してくれる。
熱々な殻を取って食べるこのおつまみが何よりの大好物だった。


そして、【エビとアボガドの仲良しトースト】。

オリーブオイルとガーリックオイルを混ぜ合わせたものを輪切りにしたトーストに軽く塗り軽く焼く。

そしてその上にアボガドをクリーム状にしたものにエビを絡めたものをのっけてできあがり。


ネーミングはイマイチだが、コレは味は絶品だ!!



食も進み、酒も進み、場も温まってきた頃に今日の本題に入った。


「じゃあ、ヨッチ、俺の考えたネタから聞いてもらえるかな?」



ワタルが二杯目のビールを飲み終えたところで切り出してきた。


< 53 >
posted by りょうちゃん at 00:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

第二章・52P

五月五日、晴れ。

今日は我等が【SESSIONS】
一回目の【ネタ発表会】である。


プレゼンの場といっても、会場はいつも通り
カフェ【ムーンムーン】。

マスターは今日も民族衣装に身を包み、そして店内にはアシッドジャズ的な音楽が流れていた。
確か、大坂のほうでデビューした3ピースバンドだっただろうか。

俺もこのバンドの曲が好きでアルバムを二枚もっている。



『さーて、とりあえず・・・かんぱーいっ!!』



『「かんぱーい!!」』



俺はいつも通りにシャンディ・ガフ。

他のメンズは「まずは生」を基本に生ビールを飲んでいた。

ミトモは今日はレッドアイ。
随分と格好イイものを飲むなぁ・・・

智子はドライ・キティ。
ワイングラスに入っている、これまたオシャレな飲み物だ。



< 52 >
posted by りょうちゃん at 01:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

第二章・51P

「何?」



俺はやっと思い出した。
自信満々な内容を。

そしてピザをほおばりながら



『いや、あるぜ〜いいのが♪♪明日は【あっ】と言わせてやるよ♪』


と、やっと余裕の笑みをみせる。

いやー、やっぱりこの店のマルゲリータは絶品だ!ネタも出来たし、明日は俺の一人がちだろー♪♪



「今自分で言ってなかった?(笑)」


俺の変わりっぷりに、飽きれたように智子が笑っていた。


さーて、明日はいよいよ第一回のネタの持込日だ!さっきまでとはうってかわって、酒が進む進む♪♪


『イーんだよ!』


俺はシャンディでピザを流し込みながら、そう智子に言ったのだった。


< 51 >
posted by りょうちゃん at 02:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

第二章・50P

いつもは自信満々な俺が、あーだこーだ悩んでいるのが面白いらしい。
智子はマルゲリータを1ピース口にくわえながら、あたかも
【勝ったわね♪】
と言わんばかりの含み笑いでこう言うのだ。



「だーめでしょー?明日発表なんだから、それまでは内緒♪なーに、出だしっから煮詰まってるのー?考えすぎなんだって!自分の創りたいもの、あったんでしょー?それとも、美樹も【視聴者側】で考えてみる?(笑)」



やれやれ、智子にかかるとモヤモヤも吹っ飛ぶわな。



「創りたいもの」


そー、あったんだよ。元々スポットをあてたい人たちが居たんだわ。俺の心、そして世界中の人たちの心を一瞬にして動かすことの出来る、スーパーマン達が!



『あっ!!』


モスコに手を伸ばしかけていた智子が、俺の声に驚いたのか、猫が
【ビクっ】っとなるように、モスコから手を引いて俺に聞く。





< 50 >
posted by りょうちゃん at 23:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

第二章・49P

「私?私は決まったよー?結構いっぱい出てくるもんだね!
ほら、美樹言ってくれてたじゃない?
私は作り手側じゃなくて視聴者側の視点でそのまま【作りたいもの】じゃなくて【見たいもの】を考えてくれればいいって♪
結構面白いね。考えると♪♪」


吉祥寺の井の頭公園側にあるピザ屋で俺たちはマルゲリータ、シャンディ・ガフ、モスコミュールを頼んでいた。

頭を抱えている俺を、智子はニヤニヤとモスコ片手にそう言いのけたのだった。


『おー、絶好調か?なになに、教えてよ』


旨いピザも、シャンディも今は悩みの味となってしまう。このピザをいかに旨く食うか!それにはこの問題をクリアせねば。




< 49 >
posted by りょうちゃん at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

第二章・48P

そう!
【ムーンムーン】でのワタルとの会話をきっかけに俺はすっかり立ち直っていた。


それまでの頭の中の雨雲が嘘のように晴れ渡っていき、今は常に太陽に照らされているような感じ♪♪


人間、何がきっかけになるか分からない。



持つべきものは、なんとやら(笑)



【SESSIONS】結成から一週間が過ぎ、今は皆次の集まりにだす、

【お題】のネタ探しに追われているところだった。


かく言う俺自身も、


『一発目だろー・・・?』


と、気合を入れすぎていたトコだった。
智子はと言うと・


< 48 >
posted by りょうちゃん at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

第二章・47P

四月には花見大会のほかにももう一つイベントがあった。
毎年俺の誕生日は四月にやってくるため、学生の頃はまだ皆と仲良くもなってないうちにやってくる俺の誕生日を、少し淋しくも思ったものだ。


今年の誕生日は智子が祝ってくれたので、淋しい想いをすることもなく、その日ばかりはしぼんだ気持ちも忘れていた。


さすが智子!ありがとう。


今年の誕生日は彼女が居たので、皆気を使ってか、お祝いの言葉は、決まってメールでやってきた(笑)
そのほとんどが

【ともさんを泣かすんじゃないぞ!?】

とか

【仲良くやるんだぞ?】


ってゆー、俺の誕生日とはあまり関係の無い言葉ばかりだった。



俺の仲間らしい、いいメールだ(笑)



だけど、月末に進むにつれ、俺の気持ちも沈んでいく一方だった。



あのきっかけがあるまでは。


・・


< 47 >
posted by りょうちゃん at 23:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

第二章・46P

おつまみは何がいい?
--------------------------------------------------------------------------------
桜のシーズンも終わり五月に入ると、俺の心も先月とは打って変わって晴れやかなものだった。

今年は例年より桜の開花が遅く、三月も終わるぜ?って頃にやっとその花を咲かせたのだった。
毎年恒例の
【井の頭公園大お花見大会】
も無事終了し、皆満足げだった。

でもあの頃の俺の心は桜の花びらとは真逆のしぼんだままだった。

新生活に意欲を燃やす新社会人。

新学期に胸を躍らす学生達。

桜の花びらは、そんな新生活人たちを笑って送り出してくれていたのだが、あの頃の俺はときたら・・・






< 46 >
posted by りょうちゃん at 01:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

第一章・45P

『「・・・」』



『ん、SESSIONS!!』



『「SESSIONS!?」』



『そー!皆コレだけの個性の集まりだろ?
【SESSIONS】って集まりとか寄せ集め、みたいな意味があるから(笑)どうかな?』



「うん、いーんじゃない?」



「格好いいっすね!!」



『じゃあ、俺たちSESSIONSの結成記念に、かんぱーいっ!!』






結局その日は具体的な話は全然出来なかったけど、皆希望に満ちた顔をしていた。

それぞれ思ってることは違うんだろうけど、でも、それぞれの思いを秘めて、今は互いにバカ騒ぎをしていた。



新しい光に照らされて。







『あ。よく見たら、俺たち皆30歳手前じゃん・・・(笑)』


< 45 >
posted by りょうちゃん at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

第一章・44P

『俺たちが考えたストーリーが、世の中に出回って、誰かの目に触れることが出来たら、それってカナリ素敵な事じゃない?
そして、ソレが誰か一人だけでもいい。
その人の人生に何かしらのイイ影響を与えることが出来たなら・・・それってもー最高だろっ!!?』



『「あはは♪確かに!」』



『じゃあ、そんな夢見る俺たちに、もう一回乾杯だっ!!』



『「かんぱーいっ!!」』




「美樹、大変だよ?こんなに沢山の人間を巻き込んで。皆にもう一度夢を見させた責任はちゃんと取らなきゃね♪?」



『夢を見させた責任か・・・任せとけって!!』



「美樹さん!この出来上がったチームの?名前ってか?チーム名的な?なんかつけましょうよーー!!」



『おお、そーだなぁ・・・。じゃぁ・・・』






< 44 >
posted by りょうちゃん at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

第一章・43P

『さてと。ここに集まってくれた7人は、皆全然バラバラの仕事をしていて、性格も皆バラバラ。
こんな個性的な集団でまとまるのか?って思うくらい。
だけど、俺はソレこそが強みになってくると思ってる。
この世の中にはそれこそ数え切れない位の個性が散らばっていて、皆感じ方は別々。
そんな個性を相手にして行こうってんだから、小さくまとまってちゃだめだしな。
俺の意見にダメ出しをしたり、皆が思いつかない視点から物事を考えたり、色んな考えが欲しい。』



『「うん。」』




『皆が生きてきた人生はソレこそバラバラで、そいつにしか分からない事がいっぱいあるだろ?
人に伝えやすいことも大事。
人に伝え辛い事も大事。
俺たちはコレから沢山の事を考えて、沢山話して、ケンカもあっていい。
でも最終的には同じものを目指して頑張っていけたらと思う!』



『「うんうん。」』








< 43 >
posted by りょうちゃん at 02:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

第一章・42P

 スノボも高校の時からやっていて、今では冬イコール【ゲレンデ&温泉】これだ!

歌を歌うことも変わらず好きで、バンドの時は基洋と二人でヴォーカルをやったりもした。



高校の時に、とあるドラマをみて



『あれ?この役者さん、いつもと何かが違うなぁ・・・あ!!洋服の雰囲気が違うんだ!?』



って思ったのが今の仕事を夢見たきっかけだった。


その役者は、いつもどのドラマに出ていても雰囲気も芝居も変わり映えのない人気俳優だったのだが、そのドラマを見た時に今までと全然違う雰囲気だったので違和感を感じたのだった。




『洋服の雰囲気が違うんだ!?』



と発見した後に、軽く震えたのを覚えている。

洋服一つだけで、キャラを完璧に変えることができる。
これってなんて凄い事なんだろう、って。



それからだった。
ファッションには人並みくらいにしか興味の無かった俺が、この世界にのめりこんで行ったのは。


ショップの店員ではなくて、テレビの中の俳優さんたちをスタイリングしてみたい!!

ダイレクトではないけれど、TVを通して、俺のスタイリングで、俺の様に人一人を動かせることが出来たら。





それはなんて凄い事なんだろう。




< 42 >
posted by りょうちゃん at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

第一章・41P

じゃあ、俺の事もちょっと話しておこうかな。

俺は【美樹】

ミキじゃないぞ?

【ヨシキ】だ。

四月で29歳になったばっかりのA型、二人兄弟の長男。二つ下に弟がいる。


高校の時はハンドボール部で部長をしていた。
マイナーなスポーツだったけど、とてつもなく熱いスポーツで、中学校の時にやっていたサッカーよりものめりこんでいた。


そうそう、一年の時に基洋と一緒のクラスになってさ、学園祭では一緒のバンドで出た事もあったっけかな(笑)

趣味は、カメラを持って色んなところに行くこと。

旅行も

『こんな写真が撮れる!!』


って基準で行き先を決める事もよくある。

最近はデジタル一眼レフを買ったので、一層
【絵心】に磨きをかけているところだ。




< 41 >
posted by りょうちゃん at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

第一章・40P

豊とは、今年で四年目の付き合いになるが、昔っから知っていたかのような感じで、スノボに行くときは必ず一緒にいく。

四年前に俺の担当する連ドラにアシスタントで付いてもらってからは、何をするにも一緒にやってもらっている。

俺が周りから


「今回もいい仕事だった!!またよろしく頼むな!」


と、毎回毎回ドンドン良い評価を受け続けられるもの
豊のサポートがあるからなんだろう。

多分俺は多くの人に支えられて仕事をしていて、俺の評価は、全てアシスタントが頑張ってくれているお陰だと思っている。



サンキュー、豊。



「いやー、でも美樹さん。こうやって皆で集まると、いよいよ?始動するってか?発進?美樹さんいきまーす!みたいなーー(笑)」


こーゆーところもまた憎めない要素なんだろう(笑)


< 40 >
posted by りょうちゃん at 01:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

第一章・39P

さて、最後に忘れてはいけない人物がいる。



「いやー、今日は?めでたいなってか?素晴らしい日?みたいなーーーー!!」



【豊】だ(笑)


このメンバーで集まっていても豊は癖なのか、基洋に対しても敬語が抜けない時がある。
俺の連れだからか。

毎回会うたびに基洋が


「タメ語でイイって!!」


と言った後の

「基洋、最近は迷走してねーの??」

などとコロっと変わって、背中をバンバン叩く仕草が見ていて面白い。

元々は営業職をしていたらしく、ウチの会社には中途採用で入って来たせいもあって、先輩後輩の関係にはとても細かい。

新島出身の四人兄弟の長男で、明るい性格の家ではしっかりしたお兄さんだ。

実のところ、俺の無茶な性格もしっかりと見てくれていてサポートしてくれる。

そんなところが一緒にいて安心する要素かも知れない。






< 39 >
posted by りょうちゃん at 00:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

第一章・38P

 智子は三年前までは銀座、自由が丘、新宿と洋服屋の店長をしていたらしい。

今は地元の小さい個人病院で医療事務をしている。

病院内のナースとの間では、俺のあだ名は何故か


【きゅうり】

らしい・・・。



何故にきゅうり。



細いからか・・・?



聞いたら、キュウリのキャラクターでなんとなく似ているキャラがあるらしい。


ひとつ断っておくが、似ていない。


まるで似ていない。


< 38 >
posted by りょうちゃん at 00:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

第一章・37P

年末からずっと猛攻撃を繰り返し、年が明けてからめでたく付き合う事ができたのだった。

付き合いだしてからはまだ三ヶ月しかたっていないので、いつでもどこでも出かける時は一緒!って位にオアツイ二人ってトコかな(笑)


あー、顔が熱くなってきた・・・


「美樹顔が赤いよ・・・?」


『いーんだよ、今日くらい!』


誤魔化すのに必死(笑)

芸能界という世界で美人に見慣れてしまっていると思っていただけに、智子を見たときの衝撃には、正直焦った。


『可愛すぎる・・・』


まぁ、惚気るのはここらへんにして。





< 37 >
posted by りょうちゃん at 02:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

第一章・36P

「美樹、おかわりは?」


ウチの彼女。

名前は【智子】

智子とは実は小・中・高の同級生。
しかも同じ町内に住んでいて実家は歩いて5分圏内のご近所さん。

でも12年間一度も一緒のクラスになった事がなく、実は学生時代に会話をした覚えがないくらいだった。

そんな彼女と再び再会したのは去年の年末に小学校の同窓会をしよう、と俺が言い出したのがきっかけだった。
ネットブログで小学校のコミュニティーに入っていた他の子が、智子も誘って来てくれたのだった。



同窓会は吉祥寺にある、俺の仲間がやっている店で行われたのだけど

(俺が楽だって事もあり・・・)

正直こんなに可愛くなってるとは、と見とれてしまった。

ずっと同級生だったのだから、この表現が正しいかどうかは分からないが、アレはまさしく

【一目惚れ】だった。





< 36 >
posted by りょうちゃん at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

第一章・35P

話を基洋に戻そう。

身長は俺より3センチ高い176センチ。
体型は俺よりちょっとだけ大きくなった感じ。
ってか、俺が痩せすぎてるってだけなんだが。


口癖は

【おお、ワリぃ】

と全然悪ぶった風もなく低い声で言うことだった。


昔からバスケ一筋で、いまだに月に二回は市民体育館で、仲間達とバスケをしているらしい。

車はもっていなく、バイク派。

車が必要な時は俺の車を、あたかも自分の車かのよーに乗りこなす、お気楽極楽な性格。



ただ、AB型の血液型からなのか、生まれながらにーなのかは解らないが、ちょっとお調子者すぎるところがある。

その癖とてつもなくガンコ。


いやー、厄介な二面性を兼ね備えている、俺の数少ない

【親友】

と呼べる仲間。


< 35 >
posted by りょうちゃん at 23:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作連載小説『未来はぼくらの手の中っ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。